NO IMAGE

コレステロール値が上昇する原因が…。

病気の名前が生活習慣病と変えられたのには、病気の原因を根絶するためにも、「日頃の生活習慣を適正化し、予防を意識しましょう!」といった意識上の...

記事を読む

NO IMAGE

ここ最近は…。

長期間に亘っての質の悪い生活習慣が災いして、生活習慣病に罹患するのです。ですので、生活習慣を向上させることで、発症を抑制することも不可能じゃ...

記事を読む

NO IMAGE

魚に含まれている秀でた栄養成分がEPAとDHAの2つです…。

何年あるいは何十年の問題のある生活習慣が影響して、生活習慣病に罹患するのです。なので、生活習慣を適正化することで、発症を食い止めることも不可...

記事を読む

NO IMAGE

「細胞が年を取るとか身体の機能が円滑さをなくすなどの誘因のひとつ」と明言されているのが活性酸素ですが…。

「細胞が年を取るとか身体の機能が円滑さをなくすなどの誘因のひとつ」と明言されているのが活性酸素ですが、セサミンにはこの活性酸素によって発生す...

記事を読む

NO IMAGE

ひざ痛を鎮める成分として耳にしたことがあるであろう「グルコサミン」ですが…。

中性脂肪が血液中で一定量を超過すると、動脈硬化を促すファクターになることが分かっています。そんなわけで、中性脂肪の定期的な測定は動脈硬化関連...

記事を読む

NO IMAGE

人の体の内部にあるコンドロイチンは…。

「2階に上がる時がしんどい」など、膝の痛みに耐えている大概の人は、グルコサミンが低減したせいで、身体の中で軟骨を作ることができない状態になっ...

記事を読む

NO IMAGE

コレステロール値が高めの食品は極力食べないようにしたほうが良いと思います…。

基本的には、健康を維持するために必要不可欠なものだということが分かっているのですが、欲しいがままに食べ物を食べることができてしまう現代は、結...

記事を読む

NO IMAGE

人というのは常日頃コレステロールを生み出しているわけです…。

人というのは常日頃コレステロールを生み出しているわけです。コレステロールと言いますのは、細胞膜となっている成分の一つで、生命維持に必要な化学...

記事を読む

NO IMAGE

周知の事実ではありますが…。

人の体内のコンドロイチンは、年を取れば取るほど嫌でも減ってしまいます。その影響で関節の軟骨も僅かな量になってしまい、膝などに痛みが生み出され...

記事を読む

NO IMAGE

DHAという物質は…。

中性脂肪と呼ばれているものは、人の体に存在する脂肪の一種だと言えます。生命活動の為に身体内で生み出されたエネルギーの内、要されることがなかっ...

記事を読む

NO IMAGE

「青魚は刺身にして生で」というよりも…。

DHA、EPA双方が、中性脂肪であったりコレステロールの値を下げるのに効果がありますが、コレステロールに対してはDHAの方が、中性脂肪に対し...

記事を読む

NO IMAGE

コエンザイムQ10と称される物質は…。

セサミンというのは、ゴマから摂取できる栄養分の一種でして、ミニサイズのゴマ一粒にほぼ1%しか含有されないという抗酸化物質である「ゴマリグナン...

記事を読む

NO IMAGE

個人個人がインターネットなどを利用してサプリメントを選ぶ段階で…。

膝に多く見られる関節痛を鎮静するために欠かすことができないコンドロイチンを、朝・昼・晩の食事だけで補充するのは、正直言ってできないでしょう。...

記事を読む